ロゴ

夜に体調が悪くなったら内科の夜間診療に足を運ぼう!

ちょっとの体調不良も放置しない【夜間診療で健康を守る】

男医

少しの体調不良は自然と治るものもありますが、中には治療をしないと治らない病気も存在します。素人では症状で病気を判断するのは難しいため、病院に行って診察を受けるようにしましょう。また、かかりつけ医を見つけておくことも大切です。かかりつけの病院があればカルテが残っており、治療もスムーズに進めることができます。しかし、基本的に病院は夕方頃には受付を終了してしまうことがほとんど。そのため、夕方過ぎに体調が悪くなってしまっても病院に行くことができず、翌日まで我慢するという人が多いと言えます。その際、救急医療を対応している病院に行くという方法もありますが患者が多く長く待たされてしまうことがある他にも専門医がいないことがあります。研修医が診断するということもあるため、しっかりと診察・治療をしたいのであれば夜間診療の病院を利用すると良いでしょう。夜間診療の病院であれば専門の医師が在籍している他、仕事帰りにも通うことができるため安心して病院に通うことができると考えられます。

レントゲン

脳梗塞は治療可能!治療方法と病院選びのコツを知ろう

脳梗塞は、動脈硬化や心臓病を原因として脳血管に血栓できます。点滴で血栓を洗い流したり、手術による処置をとったりします。尚、発症後からの治療まで時間により、予後の程度が決まります。脳血管障害を専門とする、医師の診断と治療が望ましいでしょう。

健康食

糖尿病の食事に気を付けよう【日頃の食事が治療のカギ】

健康診断で血糖値が高めだと指摘されたら、食生活を見直すことが大事です。糖尿病の食事は糖質制限が中心になりますが、お米やパンなどの主食は欠かせないので、玄米や小麦ふすまなどがお勧めです。

脚

下肢静脈瘤について知る【なりやすい人の特徴をチェック】

下肢静脈瘤は軽度だとほとんど症状は感じませんが、症状が進むと脚のだるさやこぶのような膨らみができる病気です。この病気になりやすい人として挙げられるのが女性、年齢を重ねた人、仕事上立っている時間が長い人などです。

脚

足の血管が浮き出ていたら下肢静脈瘤かも!病院で治療を始めよう

下肢静脈瘤の治療は症状が重い場合は手術、軽い場合は血管内治療や弾性ストッキングの着用などで治療を行います。治療は健康保険が適用されるので、さほど高くありません。手術であっても約4万円程度で受けられます。

看護師

夜間診療で安心【仕事帰りでも利用できる内科の魅力】

仕事帰りなどの遅い時間帯でも、診察を受け付けてくれるのが、夜間診療に対応した医療施設です。浦安の医療施設の情報をまとめたサイトや公式サイトを活用すれば、夜間診療に対応した病院やクリニックはすぐに見つけられます。

クチコミ

積み木

免疫沈降をスピーディーに!検査結果を早く出す秘訣

免疫沈降で迅速に検査結果を出すためには様々なコツがあります。Dynabeadsなら短時間で分かるので効率的です。また、操作が簡単で確実性も高いところがおすすめでもあります。

[PR]
池袋で内科医院を受診しよう
身体の不調を撃退☆