ロゴ
HOME>オススメ情報>足の血管が浮き出ていたら下肢静脈瘤かも!病院で治療を始めよう

足の血管が浮き出ていたら下肢静脈瘤かも!病院で治療を始めよう

脚

下肢静脈瘤は病院で治療可能

下肢静脈瘤はそのまま放置しても命を失ってしまうほど、危険性の高い病気では無いものの、脚のだるさやこぶのような膨らみが気になります。容姿的にもコンプレックスになってしまうことが多い下肢静脈瘤、病院での治療で治してみることも考えてみましょう。症状が軽いうちであれば保存的治療といって、生活習慣を見直したり弾性ストッキングなど着用したりする程度で、症状を軽減することが可能です。症状が進んだとしてもくもの巣状・網目状静脈瘤・側枝型といった種類であれば、硬化療法や血管内治療で治せます。硬化療法は静脈瘤に薬を注射して固めるという治療、血管内治療は高周波やレーザーによって、静脈をふさいでしまうという治療です。手術が必要となるのは症状が重い下肢静脈瘤で、ストリッピング手術という静脈を引き抜く手術となります。早めに治療を受けたほうが治療内容も軽くなるため、「もしかして下肢静脈瘤かも」と感じたら病院を受診しましょう。

男医と看護師

治療にかかる費用相場

下肢静脈瘤は治療で症状を緩和したり、改善したりすることができる病気ですが、どのくらいの治療費がかかるのか気になるところです。下肢静脈瘤の治療法の多くは健康保険が適用されるため、支払う金額は3割負担で済むケースが多いようです。下肢静脈瘤の中でも最も症状が重い伏在型静脈瘤で用いられる、ストリッピング手術の費用相場は健康保険が適用された場合、約4万円程度となっています。血管内治療は約5万円、硬化療法は約5000円、弾性ストッキングなどで対処する保存的治療は3000円から5000円程度が相場です。健康保険が適用される治療法が多いこともあり、高額過ぎるという治療費にはならないので、チャレンジしやすいのではないでしょうか。