ロゴ
HOME>オススメ情報>脳梗塞は治療可能!治療方法と病院選びのコツを知ろう

脳梗塞は治療可能!治療方法と病院選びのコツを知ろう

レントゲン

脳梗塞の症状と原因

脳梗塞は脳卒中の一つであり、脳出血、くも膜下出血と同様に脳にダメージを与えます。これは脳血管の一部に血栓ができて、脳に行くはずの酸素の供給が遮断される病気です。病気を発症すると、短時間の間に手足のしびれ麻痺などの症状が現れます。しかし、ほとんどのケースで自覚症状が現れることは少なく、いかに早期に医師の診断と治療を受けるかが重要です。症状が大きいと脳内圧力が増し、急性期には意識が混濁したり手足が麻痺したりする等の障害が発生します。通常は右脳、左脳のいずれかに血栓ができ、麻痺などの障害が片半身のいずれかに起きます。すなわち、右脳なら左半身で、左脳なら右半身に問題が生じます。症状が発症する原因は、不整脈など心臓に動きに問題がある方や、動脈硬化による生活習慣病によって血管内に血栓ができる点にあります。

ハートと聴診器

脳梗塞の治療内容と病院の選び方

脳梗塞は、突然発症するケースもありますが、肩こり、高血圧、ふらつき等予兆があるケースもあり、早期に診断と治療を受けると重度の症状を回避できる場合があります。血栓ができやすい他の病気や体質を医師から指摘される場合もあり、かかりつけの医師があらば血液をサラサラに薬が処方され、症状の発症を未然に抑えることも可能です。突然の発症により麻痺、昏倒などが起きると救急車で運ばれますので、病院を選ぶ余裕はありません。特に急性期である数時間に適切な処理を受けるか否かで、予後の回復状況の程度が決まります。通常は点滴で血栓を洗い流す処置を行いますが、場合によっては回答手術が行われる場合があります。専門医の診断を受けたいのであれば、脳血管障害に対して実績がある病院へ転院することも必要でしょう。